埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

腰痛と足のしびれの治療について

「腰が痛い」 「膝から足先へ痺れを感じる」「お尻から太ももの後ろや外が痺れる」、そのようなお悩みはありませんか。

 

腰痛と一緒に足に痺れが出るものがあります。 腰椎ヘルニア・梨状筋症候群・脊柱管狭窄症・すべり症などが挙げられます。

 

腰椎ヘルニア 背骨の腰の部分に起こるヘルニアです。背骨は積み木のように骨が連なっており、一つ一つの間に大福が挟まっています。そのため柔軟な動きが出来るのですが、加齢や過度の衝撃で大福が裂けてしまい、中のあんこが飛び出した状態が”ヘルニア”です。 飛び出したあんこが腰の神経を圧迫、炎症を起こし痛みや痺れが発生します。

 

梨状筋症候群について

 

梨状筋症候群(坐骨神経痛) お尻にある筋肉の一つ”梨状筋”が疲労や緊張で硬くなりすぐ下を走っている足へ続く神経を圧迫して、痛みや痺れが出ます。 腰というよりもお尻や太ももの痛み・痺れと言えます。 前屈(前かがみ)すると痺れがきつく感じる場合があります。

 

脊柱管狭窄症について

脊柱とは背骨の事です。菅とは背骨の中心に開いた空洞の事で、ここに大切な神経が走っています。 脊柱管狭窄症とは加齢や変形(すべり症含む)などで神経を通している背骨の空間が狭くなった状態をいいます。

ですので、中を通る神経に負担がかかります。すると周りの筋肉が緊張して硬くなり柔軟性が失われて足の方へ痺れ・痛みが出ます。 歩いていると腰痛で辛くなり、休むと楽になりまた歩けるといった症状が見られます。これを間欠性跛行と言います。

 

すべり症について

背骨の腰の部分は皆さんもご存知の通り前に向かってカーブしています。 姿勢や骨折、加齢により前に向かってカーブしている背骨の1つがさらに前に滑り落ちている状態を言います。 滑り落ちると言っても度合いは様々です。 バランスが崩れますので神経はもちろん、周囲の筋肉にストレスがかかり、痛みを感じるようになります。

解決策 まずは病院でしっかりと検査を受けて、状態を知る事が大切です。ふくらはぎや足に痛み・痺れを感じるのは動脈硬化症・糖尿病といった疾患である事も含まれるため。 針灸は上記4つ全て対応していますがそのものの治療(骨を戻す・隙間を作る)ではなく、痛みの原因を取り除き・状態を整える施術です。

この痛みを取り除く施術で、実際に狭窄症と言われていても痛みが解消し気にならなくなり普段通りの生活が送れるようになる方を沢山見てきました。これらの体験により髄核が飛び出してしまったヘルニアであったり、背骨の一つが滑ってしまっているすべり症の場合でも大変有効だと言うことが分かります。もちろん程度によっては手術しなければならない場合もあります。 ”様子を見ましょう””薬で対応しましょう”となった場合は合わせて針灸を行うと早く改善する場合があります。 お薬をできるだけ飲みたくない、という方も針灸を利用してくださっています。

当院における対応内容

 

腰椎ヘルニア 背骨や骨盤の周囲に針を行い、痛みで強くなった筋肉の緊張を解除するよう整体を含め施術します。血流を改善、体内の循環を正常に整えることで飛び出した髄核の吸収を促します。梨状筋症候群 硬くなっている筋肉を針・整体で柔らかくするよう働きかけます。消炎鎮痛効果もある針治療を行うとベストです。患部だけでなく、腰や足など広く緊張を取り除くように施術を行います。

 

脊柱管狭窄症 神経が受ける圧迫により緊張し、硬くなった腰回りの筋肉の柔軟性を取り戻すよう整体や針を使って施術します。骨の位置に関係する症状ですので、他の症状に比べ施術回数が必要になる場合が多いです。すべり症 すべり症も骨の位置が変わり、周りの神経や筋肉に負担をかけてしまう症状ですので、筋肉の柔軟性を取り戻す治療や炎症を鎮める施術を整体や針を使って行います。

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!