埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

腱鞘炎の治療について

腱鞘炎の多くの割合を占める原因は手(手首・腕)の使いすぎです。

 

・パソコン作業(タイピングやマウスの握りっぱなし)

・クリーニング屋さんのアイロンを持ちながらの作業

・イラスト関係の仕事でペンの持ちっぱなし などが挙げられます。

 

手には指一本一本に”腱”とよばれる硬い筋のようなものが付着しており、曲げ伸ばしが出来ます。またその硬い筋(腱)が跳び上がらないように抑える役割の”腱鞘”というトンネルも一緒になっているんです。手をよく使い、トンネル(腱鞘)を通る筋(腱)が過剰に曲げ伸ばしされ、摩擦する事によって患部に炎症が起こります。これが使いすぎによる炎症です。

 

その他に、ホルモンバランスも関係されていると言われ、産後の女性の訴えとしても多く見られます。代表的な名前として「バネ指」「ドゥケルバン病」があります。バネ指ー指の曲げる方の腱に起こる、ドゥケルバン病ー親指側に起こるという違いがあります。

 

腱鞘炎の解決策

 

まずは休息。合わせて針灸や整体マッサージなどの治療が効果的です。患部は冷やしましょう。冷やしてみて気持ちいいと感じたら続けてください。あまり気持ちいいと感じない場合は無理して冷やさず、安静にしましょう。また2、3日過ぎたら腕をストレッチや温めるなどして疲労を取ることもお勧めします。

湿布も有効です。温湿布と冷湿布がありますが、腱鞘炎が発生した直後から翌日頃までは冷湿布で、その後は温・冷好みの湿布を貼って自宅ケアしましょう。放って置くと痛みがズルズル長引きますので、早めに治療院にかかってくださいね。

症状の度合いによっては手術という場合もありますが、一度切ってしまうと元通りにはなりません。まずはメスを入れる前に一度針灸治療することをお勧めします。

 

当院での対応内容

 

整体も有効ですが、急性の炎症を素早く鎮める働きがある針で対応します。1度の治療で動き・痛みが変わったと感じられます。そのため、治ったと感じてもなるべく休息するよう心がけてください。今までと同じか張り切ってしまうとすぐに元に戻り痛みが出てしまいますので注意してください。また鍼治療と合わせて整体も用いて、腕全体の疲れ・コリを取っていくと更に効果的です。

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!