埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

椎間板ヘルニアの痛みやシビレの治療について

腰が痛い。

長く立ちっぱなし・座りっぱなしが辛くなる。

寝ていても痛みで目がさめる。

足にシビレがある。

 

こんな症状に悩んでいませんか?これらの原因を起こしているのは、実は背骨です。

背骨は積み木のように縦に連なって成り立っています。 ただし、積み木だけ重ねただけだと、柔軟性がなく前後左右に背骨をよじることができません。ですので、積み木の間に大福が挟んであるとイメージしてください。柔らかい大福のおかげでお辞儀をしたりできるんですね。

 

そしてヘルニアは首や腰にある大福が裂けてしまい中にあるあんこが外に飛び出した状態です。このあんこが背骨近くを走っている神経を圧迫します。通常では無い刺激に反応して炎症が起こり、痛みやシビレを感じてしまいます。

ヘルニアの治療法

治療は飛び出したあんこを取り去らなければ治らないのでしょうか。 いいえ、ちがいます。 ヘルニアが起きた人でも無症状の方もいらっしゃるんです。 もちろん痛み、しびれを感じる方もいらっしゃいます。

何が違うのかというと、ヘルニアの近くの神経が炎症を起こしている場合とそうでない場合があるのではないかと考えられます。 ですから針灸で炎症を抑えながら体の回復力を上げていくことで、痛みしびれが改善します。 背骨や仙骨の周囲に針を行うとともに、周囲の痛みで強くなった筋肉の緊張を解除し血流を改善します。 強い緊張ですので一度に解除するとバランスが崩れてしまいます。段階を踏んで体に負担のないようしっかりと緊張を取っていきましょう。

ヘルニアの治療の流れと内容

○カウンセリングシートに記入をお願いします。

○痛みや疲労の感じ方、体の状態などを詳しくお伺いします。

○ 施術は全体を見てバランスを整え、患部(お悩みに関係している場所)を整えるという流れで行っていきます。 手足にも有効なツボがありますので、状態や症状に合わせて組み込みオーダーメイドの施術を行います。針灸のコースであっても、少々の整体時間を設けています。場合によっては目一杯針灸治療で使う事もあります。

○ 施術が終わりましたら現在の状態や来院頻度、施術内容などを改めてお伝えしています。

○ 最後に月変わりのハーブティーでリラックスしてください。

治療に対する思い

治療は1度で悩みを0にしてほしいという思いがあると思います。実際私でもそう思います。しかし不調を溜め込んだ期間が長ければ長いほど、同じかそれ以上に回復にかかると言われているのです。 ですから10回〜20回をまず目安にコンスタントに施術を行い、体を整えていくと良いでしょう。段階的に痛みを減らすイメージです。症状や場所によっては1度でほとんど気にならなくなってしまうケースもあります。

 

一言 飛び出したあんこ(髄核)は、しばらく経つと体に吸収されていきます。程度によっては手術が必要な場合もありますが、体にメスを入れることになるので、一度保存療法(針灸)を体験いただくことをお勧めします。現在のヘルニア治療は保存療法が主流になっています。

 

ヘルニアの場合は神経を圧迫された事で起こる”強い炎症”が根本の原因ですのでしっかりと回数を重ねることが大切です。10回〜20回を目安にコンスタントに受けましょう。体の表面からのアプローチも大切ですが、内側である内臓の疲れや痛みで興奮してしまっている神経の鎮静・ホルモンのバランスといったものも整える事は非常に重要です。

刺激量は個体差によって異なります。これは体格や体質によるものです。段階的に調節しながら施術しあなたの悩みを改善する体作りを行います。

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!