埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

右の背中と腰の痛み

40代の男性のお客さまです。

 

 

雪が氷になっているところで転んでしまい、お尻を強く打ってしまいました。

そのあとすぐ整形外科へ行き調べましたが、骨に異常は見つかりません。1週間ほど経過していくらか痛みは治まってきていますが、咳をするときに背中に響いて痛んだり、腰からお尻にかけて痛みを感じるなど、まだまだ残っている状態のところ、どうにかしたいということでお越しくださいました。

 

ご本人は過去にも針治療の経験があり、今回もご希望されています。

足に痺れもなく骨の異常もないということで、筋肉や筋膜の緊張が考えられます。

 

 

詳しく調べてみると、気になると教えていただいた右の背中やお尻、腰周りがとても緊張が強く、硬くなっています。

これは転んで受けた衝撃に耐えるため、体が一瞬で力んだあと、体を動かすために力が抜けず、ずっと緊張しているためであると考えられます。

痛みもあるため、自分自身では解除できなくなっている状態です。

咳やくしゃみの腹部、腰回りへのストレスはとても強いものです。普段腰痛などなにもなければ一瞬の刺激に耐えられますが、緊張している・痛みを感じていると敏感になります。ですので、余計に咳の瞬間痛みを感じてしまうのです。

またヘルニアなども程度によって痛みを感じる場合があります。

 

 

今回は針灸と整体での施術です。

痛みや緊張が強い場合には、針治療が大変おすすめです。

針は筋肉の柔軟性を出す作用があります。しかも受け手の負担が少ないことが大切です。

整体やマッサージなどでももちろん解除できるのですが、広範囲を圧迫するよりも、ピンポイントで刺激をして関連している筋肉を緩めるほうが刺激を受け取るほうも楽なのです。

すでに体は痛みや緊張に耐えストレスを抱えています。そこにさらにストレスを加えるよりも、リラックスしながら緊張を解除していくほうがスムーズに刺激を受けとれます。

 

 

針は痛みを強く感じている箇所、関連する緊張が強い箇所に行い、後半の整体では体の背面全体をリラックスしていただくように調整しました。

腰の疲労はお尻もセットで現れます。

お尻が緊張するということは足にも関係します。

ですから太ももやふくらはぎ、足裏などをチェックして調整します。

 

 

施術が終わり、いくらか動かしやすい感じがしますと教えていただきました。

調整の途中で柔軟性が出てきており、凝りの芯が目立つようになりました。

まずあと2回ほど針を含めた調整を行えると良いでしょう。

 

 

治療が終わっても、体は動かします。

すると緊張状態が元に戻ろうとしますので、1度ではなく数回をまずコンスタントに受けて戻る前にどんどん改善しましょう。

針治療は翌日や翌々日により軽さを感じていただける場合があります。

施術直後はあまり変わらないと感じている人でも、翌日にとても軽くなり痛みを感じなくなったという変化はよく伺います。

できるだけ安静にする、冷やさないなどは基本に様子を見ていきましょう。

 

 

針治療は深い筋肉までアプローチできる唯一の方法です。大変有効性が高いものですが、だからといって1回で絶対に治る、とは言えません。

これはどれだけ疲労を積み重ねてきたかによります。

ですが、針を含めた治療のほうが変化が早いということは言えます。

「刺す」と聞くと怖いイメージがあるかもしれませんが、受けてしまうと皆さん「この程度ですか」と拍子抜けされる方ばかりです。

 

 

変化を感じていない、何年、何十年と同じ症状を抱えているというあなたは今すぐご相談ください。

 

 

ご予約・問い合わせ

070-6564-1467 (電話受付9:00-19:00)
施術中、電話がつながり辛い場合があります。

@から入力して探すライン(@pdr4494x)やメールもご利用くださいませ。

>>のんの腰痛治療についてはこちら

 

>>のんのぎっくり腰治療についてはこちら

 

 

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!