埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

左膝裏の凝り感

30代の女性のお客様です。

 

 

1週間前くらいから左膝の裏に凝り感を感じるようになっています。

膝を曲げて座るときに違和感があり、治療にお越しくださいました。

 

詳しく調べてみたところ、膝裏に大きな凝りが見られました。

ボコッと大きい凝りで、少し触ってみるだけでも圧痛があります。

太ももやふくらはぎは少し緊張している状態でしたので、針を使って緩めるよう治療を行います。

 

 

前半は膝裏を中心に、凝りや緊張・ツボを目安に針を刺していきます。

針の効果として、筋肉の柔軟性(凝りの解除)や血流・代謝の改善、免疫力アップなどがあります。

変化の現れ方、感じ方は人によって違いますが、今回は針後の整体マッサージのときに、圧痛の減少や凝りの縮小などが見られ、ご本人にも感じていただけました。

 

 

整体やマッサージでの凝りの調整も重要ですが、針治療を行える場合、針を組み込んでしまった方が変化や経過が早いと言えます。

しっかり内側から刺激できるので素早い凝りや緊張の解除になり、その後の整体による圧痛などが減少します。

調整であっても、「痛い」と思うと体は緊張しますので、できるだけ穏やかな刺激でしっかりと凝りにアプローチし、周囲もリラックスさせる必要があります。

 

 

内側の凝りの解除や血流が改善すると、老廃物や不要な水分などを素早く流せるようになるので針での調整は大変オススメです。

 

 

今回膝の裏が気になるということでしたが後半は仰向けになっていただいて、太ももやスネの調整もおこないました。

体は上下前後左右繋がっていますので、ここだけで良い。ということはありません。

そうして関係している箇所や繋がっている箇所を調整することで、状態を戻りずらくしたり、持続性を保てるように調整しています。

 

 

凝りや緊張は放っておくと、痛みになります。

痛みを感じるようになってからの調整は本人のストレスが大きくなってしまいますので、早めの調整を心がけると良いでしょう。

 

 

膝の裏、内側、お皿の周りなど、痛みや硬さ、凝り感を感じているあなたは今すぐご相談ください。

 

ご予約・問い合わせ 070-6564-1467 (電話受付9:00-19:00)
施術中、電話がつながり辛い場合があります。@から入力して探すライン(@pdr4494x)やメールもご利用くださいませ。

 

 

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!