埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

立っていると左足がしびれる

60代の男性のお客さまです。

 

 

1ヶ月ほど前から足の痺れが気になり、徐々に強くなっている感覚があるということでお越しくださいました。

直立していると左のお尻から膝裏にかけて痺れが現れ、座ると収まります。

調べてみると腰の動きはある程度あるものの制限が見られました。

詳しくみると左の腰、お尻がとても硬く緊張しています。合わせて痛みに耐えているため、足の疲労もみられました。

原因についてはぱっと出てこないということで、疲労の蓄積が考えられます。

体のメンテナンスは2年ぶりほどで、ご本人は辛さなど感じていませんが、体はあちこちが強く緊張している現状です。

これをもう数ヶ月など放置しておくと、左足のしびれだけでなく足、ふくらはぎ、背中などあちらこちらに疲労を自覚するようになるでしょう。

コップの水があふれてようやく気付くことと同じです。

 

 

 

今回は針灸と整体での施術です。

過去に針の経験があり、足のしびれが良くなるならなんでもという事で、経過や緊張具合から針を含めた施術を行いました。

極端に強い凝りが周囲の神経を圧迫するため、腰のストレスが掛かる直立で足にしびれが出ると考えます。症状を出現させる原因として「狭窄症」や「ヘルニア」「坐骨神経痛」を疑いますが、まず周囲の筋肉の緊張を解除することが重要です。

今回のお客さまはがっしりとした筋肉質の体型であるので、表面から押すマッサージのみでは緊張の解除に時間がかかってしまうでしょう。

もちろん有効性はありますが、針を含めた方が圧倒的に早く改善を感じていただけます。

前半にしっかりと針のヒビキを感じていただき、後半は整体マッサージでリラックスしていただきました。

一番強く出ていたのは左腰とお尻の緊張ですが、隣り合わせの筋肉を伝って太ももや背中まで凝りは広がっていました。

こういった関係している部位も確認し、広く一緒に調整していく事で確実にバランスを取り、戻りずらくしていきます。

 

 

施術が終わっては「動きにひっかかりがない」という風におっしゃっていました。

まず動きやすさ、軽さを感じていただき、活発になった血流や循環によって疲労物質、痛みの原因物質を押し流し患部をリラックスさせながら良くしていきましょう。

今回は緊張が強く、範囲もやや広めであるので、まず3回はコンスタントに受けていただき、経過を見ながらしっかりと調整していくと良いでしょう。

 

 

体質、経過、緊張度合いなどによっては針を使って深い筋肉に直接的にアプローチした方が改善が早くなります。

治療内容は相談して決める事が出来ますので、まずはお問い合わせくださいませ。

ご予約・問い合わせ 070-6564-1467 (電話受付9:00-20:00)
施術中、電話がつながり辛い場合があります。@から入力して探すライン(@pdr4494x)やメールもご利用くださいませ。

*12/31~1/3までお休みします。4日より通常営業でお待ちしています。

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!