埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

立ちっぱなし、座りっぱなし腰痛

30代の女性のお客さまです。

 

 

仕事で座りっぱなしや、立ちっぱなしになると左腰が痛くなります。

歩いていると気にならず、 ”座りっぱなし” ”立ちっぱなし” になると痛みを感じるようになります。

原因は思い当たらず、気づいたらそう感じるようになっていました。

 

 

動きを確認しても強い痛みを感じません。可動域も左右で極端に違いも出ていません。

ただし、少し圧迫するなどして筋肉の確認をしたところ、左腰に痛みが出る事がわかりました。

 

 

立っている、座っているというのは上体を起こしている姿勢です。

腰や背中の筋肉が収縮する事で上半身を起こす事ができます。

この時に使われる筋肉が痛んでいたり、緊張しすぎるなどの状態であると長くキープできません。

すぐに疲れてしまうからです。

 

 

今回は針灸と整体での施術です。

 

 

まず針を使って腰や背中の緊張を解除するように治療します。

この時に左腰は特によくヒビいていました。

針のヒビキは痛いものではなく、ズーンと感じるなど普段はなかなか体験できない独特のものです。

そのあとに指圧ベースの整体でリラックスしていただけるように調整を行いました。

 

 

 

腰に限らず体で左右に違いは出ます。

均等に体を使う人はまずいません。

そして骨格の歪みなどもありますが、まずは筋肉です。

もちろん事故などで激しく体を打ちつけたり、骨を折ってしまってくっつけた事があるなどの場合は歪みが出ている可能性はありますが、特に目立つ事がない場合は筋肉の過緊張が骨を少しずつずらしていき、湾曲などを消してしまうのです。

ストレートネックなどはよく聞く名前だと思います。

他にも体のどの部分にでも起こります。

腰も湾曲がかなり現象して平坦になっている方は多いです。

デスク作業で座りっぱなしの人によく見られるかと思います。

そうなると首でも腰でも疲れやすくなり、その疲れが取れずらくなり、不意の動きや衝撃で寝違えやぎっくり腰になってしまうのです。

 

 

さて、体をバランス良く使えないのは仕方がありません。

癖や日常の中にバランスを欠く環境がたくさんあるからです。

例えば家具の配置や食事の場合にも箸を持つ手と茶碗を持つ手は交換して使う事はないでしょう。

 

 

そんな中で痛みを起こさない、根本的に改善してくにはどうしたらいいでしょうか。

日頃の体のメンテナンスや針治療を受ける事です。

もちろん体を動かす環境などもあればさらに良いでしょう。

 

 

 

一番おすすめできないのは、体の硬化(酸化)を何もせず、見過ごしている事です。

人は年を重ねます。

誰にでも訪れます。

この時にできるだけ柔軟性を保ったり、痛みや痺れなどの症状を感じたらすぐ調整するのか、我慢したり放っておくのかで体の持ちは大きく差がでます。

 

 

特に腰は体の軸となる部分です。

違和感を感じたら早めに治療師に相談くださいね。

のんは針灸と整体でしっかりと柔軟性を出していくように調整しています。

 

 

針を含めたほうがいいのか、整体のみでもいいのか。

わからない場合は相談して決める事もできます。

まず、お電話ください。

ご予約・問い合わせ 070-6564-1467 (電話受付9:00-20:00)

 

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!