埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

右首の寝違えのような痛み

30代の男性のお客さまです。

 

 

朝起きて右首に違和感があり、動かそうとしたところ痛みを感じました。

振り向くことはできますが、とっさに動かすことができません。

 

 

思い当たることはないか伺ってみると、仕事中に頭で重いものを支えたと教えてくださいました。

その時に「こわいな」と一瞬感じたそうです。

 

 

すぐにそれが原因です!とはなりませんが、首にストレスをかけている可能性は大きいと言えます。

じっくり時間をかけていても、瞬間的にであっても筋肉は痛めます。

どの部位でもそうですが、首は体の中で特に筋肉は小さく支えている量が圧倒的に少ないのです。

 

 

今回は整体での施術です。

 

 

首に近い部分で違和感、痛みを感じていらっしゃいますが大元の疲労している筋肉は違うところにあります。

今回は調べて分かったのは肩、背中に近い筋肉に圧痛を感じるということです。

首を起こしている時は少しの違和感で、首を左右に回す時に、特に右側に痛みを感じています。

 

 

首を動かした時に収縮する筋肉、顔を上げている(正面を向いている)時に作用するのは首自体の筋肉はもちろんですが、背中や肩についている筋肉で引き上げているのです。

少し調整を行って、ゆっくりと首を動かしてもらうと来店時よりも痛みが少なく動かせます。

 

 

痛みを感じる場所、加減を伺いながら首、肩、背中と広く調整を行いました。

 

 

重いものを支えるというのは、腰であっても疲労が溜まっている場合ぎっくり腰を引き起こすなど筋肉にとって負担が大きい行動です。

ですので、普段から疲労を解消する、柔軟性を確保しておく事が大切です。

そして重いものを支える時には、できるだけ丁寧に行動しましょう。全く支えてはいけません。という事はありませんが体の状態や使い方によっては痛めてしまい、その後しばらく悩んでしまう事になるからです。

 

 

そして少しでも違和感や痛みを感じた場合にはできるだけ早いうちに調整を行い痛みを引きずらないようにしましょう。

 

 

この時に注意が必要なのは「昔は大丈夫だったのに」です。

体は地球上の生物である以上、成人を越えると衰えます。

例外はありません。

ですから、基本的に30代であっても、50代であっても、70代であっても労ってあげるものです。

 

必要以上に手をかける必要はありませんが、たまのメンテナンスなどを通して状態を把握しておく事は大切です。

人生100年時代に突入していくこれからを、いつまでもできるだけ自分の体で過ごせるように、大切にしてあげてくださいね。

 

 

施術が終わり、なるべく休息をとる事などアドバイスをさせていただいて終了しました。

 

 

痛みや痺れ、重だるさなど放っておいて良い事はありません。

”もしかしたら” 自己治癒で解消するかもしれませんが、確実に早めるよう調整を受けましょう。

 

 

首凝り、肩凝りをお持ちの場合は痛めてしまうリスクは大きくなりますのでぜひ労ってあげてくださいね。

 

 

首凝り、肩凝り背中の痛み

少しでも気になっている場合は今すぐご相談ください。

 

ご予約・問い合わせ 070-6564-1467 (予約受付9:00-20:00)

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!