埼玉・蓮田の鍼灸整体院のん‐温‐

070-6564-1467 施術をご希望の方はこちら お問い合わせはこちら

顔面麻痺の治療について

顔面麻痺には2種類あります。 「中枢性」と「末梢性」です。原因は完全に解明されていませんが 中枢性の顔面麻痺は患部が「脳」で、脳腫瘍、脳梗塞などの合併に多くみられます。 脳梗塞、脳出血、腫瘍などで神経が障害されてしまい、目が閉じられなかったり口もうまく動かす事ができないので、飲み物がこぼれてしまったりという状態が起こります。 麻痺が軽度である場合は ”おでこにシワを寄せる事ができます”

末梢性の顔面麻痺はというと、患部は背骨からでて、全身を巡っている抹消の神経がなんらかの障害を受けて起こります。 こちらは原因不明のベル麻痺、感染性のハント症候群、頭部の骨折や外傷、腫瘍性のものがあります。

ベル麻痺は突然片側の筋力が低下し、「顔の左右非対称」「舌先2/3の味覚障害」 「唾液や涙の分泌減少」「聴覚の過敏」といった症状が出てきます。 障害を受けた部位によって症状の出方は違います。 原因として、寒冷刺激や過労、ストレスなどが関係しているとされます。

顔面麻痺になると

マント症候群はウイルス感染によるもので、重症であることが多いです。 また後遺症が残る率が高いとも言われます。 「激しい耳痛」「のどの痛み」また「耳鳴り」「難聴」「めまい」を伴うこともある症状です。

顔面神経麻痺が起こると、顔の筋肉が麻痺して顔が曲がった状態になります。 飲み物が口から漏れたり、目を閉じることが難しくなったりといった事が突然顔面の片側に現れます。 麻痺の前に舌のしびれや耳周囲の痛みを感じる事もあります。 顔面神経には味覚を伝える神経、涙などを分泌させる神経、音を調節する神経など含まれているので、麻痺した側の味覚障害、涙や唾液の分泌低下、音に便になるなどの症状が伴い事がるのです。

顔面神経麻痺に対する治療方法

針灸や整体で神経の近くにあるツボを使い、刺激を入れることで神経の通りを活性化・修復します。合わせてお顔の筋肉のこわばりを防ぎ、血流を改善することで自然治癒力を高めていきます。こちらは針もお顔の整体マッサージも用います。 お顔だけでなく、手や足のツボを刺激して凝りの解消や循環を良くすることで、バ治療効果を高めます。

東洋医学では「風寒」という邪気が気の流れを阻害し、筋肉の滋養ができないと考えます。西洋医学的な観点では、顔面神経にアプローチして細胞の修復を助け、神経のバランスが崩れた事による周囲の緊張などを調整していく事で改善を目指します。

顔面神経麻痺は自然に治ると言われていますが、約3割の方は顔がゆがんだままになったり、目が見えにくなどの影響があります。 時間がたつほど治療に期間が必要となりますので、できるだけ早めに針灸治療を開始されることをお勧めします。

 

まずはお気軽にご相談ください!相談は無料です!!

あなたの体のお悩みを当院にお利かせてください!必ずあなたのお力になることをお約束いたします!!遠慮なくお電話、メール、LINEにてご相談ください。

ask_banner LINE友達追加で追加特典!